植木を移植するための「根回し」とは?

posted in: お庭のお役立ち記事 | 0

「根回し」というとあまり良いイメージがない方も多いのではないでしょうか?

ただ、樹木にとっての「根回し」はとても大事な作業です。

駐車場の拡充や物置の設置などで思い出のある樹木の移植が必要になった場合に「根回し」をしておくと活着率が上がります。

小さな樹は「根回し」をしなくて移植できることは多いです。

また落葉樹でも秋から春にかけて落葉している期間に移植しても活着することは多いです。

しかし常緑樹で長年その場所で育てた樹を移植するには「根回し」が必要です。

樹の根は、その樹の収入源です。移植のために根を切ることは枯れる恐れがあります。

1本の樹を人間の生活に例えて図で説明すると下図のようになります。

移植の時期や場所によって一概には言えませんが、移植の時に参考にして頂ければ幸いです。