ご両親が健在の時は、庭の手入れも十分にできていましたが、ご両親がなくなり、時が経つにつれ雑草の勢いが増していきました。

そこで思い切って蚊の発生しにくい人工芝を使った庭のリフォームを提案しました。

ペットが蚊を気にせずに遊び回れる庭にリフォームすることができ、さらにメンテナンスもほとんどいらない庭に作り変えることができました。

雑草は抜いても抜いても生えてきます
雑草は美しい時もありますが
庭に出ると蚊に襲われて手入れは難しくなってきました。
庭木も減らして軽い「庭じまい」を行います
まずは草刈りからです
重機で芝生や雑草の根っ子まで取り除きます
土中には古い電線はありましたが、新しく入れ直しました。
水道管も入っていました。この水道管は使っていないので手前でカットしました
重機やプレートで丁寧に転圧をしていきます
雑草対策のために防草シートを張っていきます
防草シートの重ね代は充分にとってあります
きれいに防草シートが張られました。
人工芝は運賃の関係でしっかりと巻いてあるので、施工後に縮む恐れがあります。人工芝は施工前日には延ばしておきます。
ソテツの根元は丁寧に人工芝をカットします。自然の雰囲気を残します
人工芝の継ぎ目を目立たなくするために、耳を少しカットします
人工芝の割り付けが完了です
人工芝の縁取りは、人体や自然環境にやさしいACQ加圧注入の丸太杭を使いました

※ACQ加圧注入木材とは、木材の腐食防止ためにJISやJAS規格の安全な防腐防虫加工です。ヒ素やクロム化合物を含まないACQを塗布するのではなく、加圧注入することで効果が長持ちします。ワンちゃんや子供さんにも優しい木材です。

きれいに人工芝が張れました!
裸地の所は芝生でなくメンテの楽な「ヒメイワダレソウ」を植えました
ワンちゃんもネコちゃんもうれしそうです
和室の前は白川砂利を敷き詰め、リビング前は人工芝にしました
少しの面積ですが猫草も植えました
入り口横にはトキワヤマボウシを植えました
道路からの庭へのアイストップはオリーブを植えました。オリーブの成長は早いので若木にしました
段差が大きかったので、段差解消には御影石の階段を造りました
南側の間知石積みは阪神大震災と大阪北部地震の影響を受けて、目地の一部が脱落していました・・
間知石(けんちいし)積みは上からの荷重を下部方向に分散させているため、目地の補修だけでなく、モルタルを隙間に詰め込みました。
これで見た目でなく、構造的にもひと安心です
こうしてローメンテの庭の完成です。置物のワンちゃんも喜んでいます

雑草抜きに時間をかけず、人生を楽しんでいただける提案を致しました。大変喜んで頂きました。