築40年も経ちますと、タイルでも汚れや欠けが目立ち始めます。

タイルは全てハツリ撤去します。一般的には門柱や壁の下地にはコンクリートブロックを使いますが、ここはRC(鉄筋コンクリート造)でしたので、そのまま使うことにいたしました。
玄関ポーチも張替を致します。
タイルの寸法に合わして下地を造くります。
地震の影響もありレンガも積み直しました。
階段は門扉の前に踊り場を造りました。タイルの面積は変わりませんが使い易さは抜群に良くなりました!
タイル下地ができてタイル張りのスタートです。
門柱と壁のタイル張りはほぼ終わりました。
色のバランスを考えてのタイル張りです。
タイル張りは目地が命です・・ 玄関ポーチのタイル目地に合わせてアプローチも張って行きます。
門扉は親子扉に変えて使い易くなりました。そして門扉の前に踊り場を設けたので、お年を召されても安全に使っていただけます。