ウッドデッキも時間とともに傷んできます。底が抜けたりすると危険ですので、ウッドデッキのリフォームです。

今回は100年は腐らないという「ウリン」を使ってウッドデッキを作り変えました。

17~18年も経ちますと「ウッドデッキ」は傷んできます
デッキの根太は朽ち果ててボロボロです

新しいデッキは、100年は腐らないというウリン材を使います。

ウリンはアイアンウッドといって鉄の木といわれる所以は「ポリフェノール」を多く含んでいるために腐りにくいとされています。詳しくは、「ウリン樹液、ポリフェノールについて」を参照ください。

デッキには元あったように階段を付けました
以前からあった「ウッドフェンス」は台風と地震で至るところがずれています
「ウッドフェンス」には苔が生えていましたが
きれいに水洗いをして塗装を致しました。板のズレも見事に直っています!
柱の足元は土の中へ差し込んだままでしたが
木材で一番腐りやすい柱の根元は、根巻コンクリートをしました。
テーブルとイスは表面を削り取り
塗装して新品のようになりました。

このウリンのデッキは、これで数十年は大丈夫です。